北海道で初めての賃貸物件!寒冷地ならではの選び方!


北海道では暖房器具が必須!タイプ別にチェック!

北海道に初めて住むのであれば、やはり寒さ対策は必須です。賃貸物件を見つける際にも、寒冷地ならではの選び方があるので、あらかじめチェックしておくことが肝心でしょう。そこで、北海道暮らしの寒さ対策といえば、暖房器具が欠かせないアイテムになります。北海道の賃貸物件には多くのケースで、何らかの暖房器具が最初から完備されています。ここで注意すべき点は、その暖房器具を作動させるためのエネルギー源。大まかに分けるとガスか石油が一般的ですが、それぞれメリットとデメリットがあるので、住んでから後悔しないように知っておく必要があります。

ガス暖房のメリットとデメリットとは?

まずガス暖房のメリットは、点火してから暖まるスピートが早いこと。帰宅してから冷えた部屋を直ぐに暖めたい場合には、ガス暖房は強い味方になります。その一方で、ガス暖房のデメリットは、ランニングコストが高くなりがちなことでしょう。北海道のような寒冷地では、必然的に暖房器具の使用時間が長くなり、エネルギー使用量も多くなるので、普段から光熱費を低く抑制したい方にとっては、この点は注意しなければなりません。

石油暖房のメリットとデメリットとは?

続いて石油暖房のメリットをみると、輻射熱と放射熱を利用するので、部屋全体をしっかりと暖めてくれる点が大きな特徴。間取りの広い賃貸物件であれば、石油暖房がおすすめです。ただし、点火から暖まるまでの時間がかかるため、急いで部屋を暖めたい時には不便さを感じるかも。さらに石油価格の変動によって、ランニングコストが大きく左右される点も、デメリットと言えるでしょう。この他にも石油の臭いや、給油の際の手間なども、人によってはデメリットになるので、入居の際によく確認することが重要です。

室蘭の賃貸住宅の特徴は、玄関ガラスが二重になっていて冬の寒さ対策がなされています。屋外には石油タンクが備わっており、室内にあるストーブと直結されているのも特徴の1つです。