家族構成によって住環境選びは異なる!そのポイントは?


アクティブに暮らしたいシングルは利便性がポイント!

一人暮らしを思う存分楽しみたいシングルの物件選びは「利便性」が最大のポイントになります。

利便性には二つあって、一つは交通の便。通勤に便利なことはもちろんですが、仕事のあと飲みに行って帰りが遅くなっても安心して帰れること、休みの日にレジャーに行きやすいことなどもこだわりたい点となります。

もう一つは住まいの便利さです。特に留守中でも荷物が受け取れる宅配ボックスはもはや必須といっても良いでしょう。休日を再配達待ちでつぶすこともなくなります。

夫婦二人の暮らしを楽しむなら家事の負担を減らしたい

カップル、特に夫婦二人で働くいわゆるディンクスの場合、家での時間を楽しむためには家事の省力化が大切になります。たとえばキッチンに食洗器がついていれば食後はゆっくりできますし、フラットなIHクッキングヒーターなら掃除も簡単です。

また、雨の日でも洗濯物を乾かせるとして人気の浴室換気乾燥機ですが、そのメリットは実はそれだけではありません。浴室内を換気・乾燥することでカビの発生を防ぎ、清潔に保つことができるのです。入浴の最後に壁面などをお湯でさっと流したら乾燥機をかけておけばOKです。

子育てファミリーは環境の良さを最優先

小さい子供のいる家庭では、十分な間取りはもちろんですが周辺環境も重要なポイントになります。幼稚園・保育園や小・中学校が近くて通いやすいこと、毎日遊びにいける公園があることなどはぜひチェックしておきたい点です。

子供の安全という点では治安も良く見ておく必要があります。また、近隣に子供が多ければ友達もできますし、親同士の交流も期待できるでしょう。

網走の賃貸物件は海に近い物件ほど家賃が高額化する傾向があります。これは潮風で傷んだ設備の修理と、観光地として人目に付くことから見栄えを良くするための費用が家賃に加算されるためです。