単身者向け賃貸物件選びの大きなポイントになるバス・トイレ別とユニットバス


人気のバス・トイレ別物件

賃貸物件選びにあたっては、住宅設備の充実度や、各設備が造られた年代を確認することが重要なポイントになっています。そんな設備の取捨選択において、特に人気となっているのが、バス・トイレ別物件を選ぶという選択です。

バス・トイレ別物件とは、文字通りバスルームとトイレが、それぞれ個別の設備として備え付けられている物件のことです。一方、バスルームとトイレが同じ空間に備え付けられた3点式ユニットバス(通称ユニットバス)物件は、特にワンルームや1Kなどの独身者向け物件において数多く見受けられます。バスルームをどのように使用したいのかによって、最適な選択肢がかわってくることも、選び方のポイントになっています。

湯船にゆっくりと浸かりたいなら

毎日湯船にお湯を張ってゆっくりと湯船に浸かって疲れをとりたい、健康やダイエットのために半身浴をしているなどといった場合、バスルームで長時間を過ごすことを想定する場合には、バス・トイレ別を積極的に選ぶといいでしょう。これは、ユニットバスの場合、洗い場がないため、湯船にお湯を張ってしまうと、身体を洗うスペースがなくなってしまうためです。ユニットバスは、基本的にはシャワーを浴びる程度の使用を想定する方向けの設備となっているのです。

コスパを重視するのなら

一方、3点式ユニットバス物件は、家賃自体が安いというメリットがあります。もちろんそれぞれのエリアの家賃相場によってもかわってきますが、バス・トイレ別物件と比較して、数千円は安くなるケースが大半であるため、家賃の出費を抑えたい方にとっては、最適な選択肢となっています。コスパを最重視するのなら、積極的に選んでみるといいでしょう。

転勤や就職、進学などを機に引っ越しする場合、賃貸物件が選ばれることも少なくありません。札幌中央区の賃貸物件を契約するには、不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。