住宅ローンが利用できないって本当!!支払いのタイミングを確認しておこう!!


住宅ローンの利用に注意が必要

住宅を購入するときに住宅ローンを利用すれば、今お金が無くてもそれなりに高い住宅を手に入れられるでしょう。住宅ローンを利用するには審査が必要になったりするので、購入を考えるようになったら審査に通るための準備をしなければいけません。では注文住宅を建てる時には他の住宅購入時と同じ考えでいいかですが、他と異なる仕組みもあるので注意がひつようです。住宅ローンはローン対象に抵当権をつけるため審査をする時点で担保対象が無くてはいけません。注文住宅の契約は建てる前に行い建物が完成する前にも一定の支払いが必要になりますが、建物が建っていない状態だと建物分の住宅ローンが組めず自己資金で支払う必要があります。お金が無い時は建物が完成するまでのつなぎ融資の利用も検討しましょう。

いつ支払いが発生するかを確認

頭金なしで住宅が購入できるときがあり、この仕組みならお金がない状態でも家が購入できるのでしょう。と言っても購入先に対して一切支払いが不要なわけではなく、住宅ローンを組んだ金融機関が払ってくれるのでそれが実現しているだけです。注文住宅だと建物が建つまで住宅ローンの契約ができないために金融機関に支払いをしてもらうわけにはいかず、建物完成までに支払いが発生するので注意が必要です。契約によっていついくら支払うかは異なるでしょうが、良くあるのは建築請負契約時、着工時、上棟時、そして引き渡し時の4回に分かれていて、最初に10パーセント支払ってその後30パーセントずつの支払いなどが多くなります。自分でお金が用意できないなら親から生前贈与を受けるなどすると良いでしょう。

2000万の家を建てる時は自由設計に対応しているハウスメーカーに依頼をして、限りなく理想通りの間取りにするのが良いです。